×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自動車を買うのは現金派?それともローン派?

自動車を買うのは現金派?それともローン派?

自動車の購入時に現金支払いとローン支払いの違い

自動車,買う,現金,ローン

新しく車を買う時に、ローンにするべきか、現金で支払うべきかを迷う人は多いようです。

 

車は、現在の生活の中では必要不可欠ともいえるもので、多くの人が自分の車を使える状況にあります。買い物やお出かけの際に必要となる自動車は、たいへん便利な移動手段であるだけでなく、通勤にも多くの人が利用しています。生活を営んでいくためには車が果たす役割はとても大きいものですが、購入に必要なお金は高いため、何とかしてお金を用立てなければなりません。

 

古くなった車でも何年も乗り続けていたり、むしろ新しい車を買ったほうがいいとは感じながらも見送ることになったりと、車を買いたくても買えない状況にあるという人は多いようです。

 

車を購入したいと思いながらも、予算が足りずに思い悩むという人もいるようです。ローンは使わずに、手持ちの資金で支払いをしたいという人と、カーローンを活用する人がいます。他人からお金を借りて、自分の買いたいものの支払いにあてるというやり方に対して、ネガティブな印象を抱いている人は、案外多いようです。
けれども、現金で払ってしまうより、カーローンを利用して自動車の支払いにあてるほうが、結果的にお得な場合もあります。

 

自動車のディーラーで現金一括で車を購入する際には、値引きの交渉にある程度応じてくれますが、ローン支払いの場合はより多くの金額を割り引いてくれる場合があります。現金一括払いのほうが、ローンを組んで支払うよりも、利益が小さくなってしまうので、ディーラーの立場からすれば、値引きが困難になります。

 

ローンを組んで自動車を買う場合、利息をプラスして支払うことになるので、そこから生じる利益分が、値引きに転化できるのです。自動車を買うためのローンには、完済までに利息がつくために、そこを期待して自動車を値引きしながら販売するという考え方があります。

 

例えば、トヨタのC-HRというハイブリッドカーが人気です。このC-HRを買う時にもローンと現金払いで車の値段も変わってしまいます。C-HRの購入の際にはどちらが安く買えるかしっかりと検討するようにしましょう。ちなみに、最新のC-HRの値引きの情報はこちらのサイトで紹介していました。

 

C-HR値引き情報のサイト

ローンを利用した車の購入は簡単で便利

自動車,買う,現金,ローン

 

車のローンは比較的誰でも簡単に契約ができて便利なものとなっているので、多くの人が利用しています。自動車を買う人の多くは、ローンを組んで自動車の購入資金をつくっているのではないでしょうか。

 

ローンを組んで車を買おうとする人が多いのは、車は安い買い物ではないためです。購入資金を調達するための手段としてローンは優れています。自動車販売会社の中には、カーローンを取り扱っている金融会社を子会社として所有しているところもあります。営業担当者の中には、車を買う時に、同時に自社の子会社が扱う自動車ローンを使うように勧めてくる人も少なくありません。

 

自動車ローンの条件の一つに、残価設置型ローンというものがあり、返済時に利用する人がふえています。残価とは一定の期間経過後にその車を売るときにこのくらいの値段で売れそうというのを決めておいた上で、ローンもその一定期間までに残価を除いた金額を支払い続けるというものです。残価設定型ローンのメリットは、最初から残価を除外してローンを組むことで、残価分の金額に炊いては利息をつけずに返済が可能になります。

 

 

自動車本体の金額よりも、残価分少ない金額を借りることになりますので、返済も楽になり、金利に対する利息も小さくなるという仕組みです。残価設定型ローンを組んだ場合、一定の期間が経過してから、自動車を売却し残価で支払うか、残価分を支払うかを選択することができます。

 

 

残価設定型ローンの場合、売却に際して改めて車の価値を査定したところ、設定していた残価ほどの価値がないという結果が出れば、車を売却した上で、不足している分のお金を支払わなければならなくなりますので、注意をしましょう。高額な車を買う時には、ローンを利用することが多いですが、ローンの内容によって返済の内訳が変わってきますので、きちんと検討してみましょう。

車の購入時に利用できるローンを取り扱っている金融機関について

自動車,買う,現金,ローン

 

車のローンを契約する場合は、銀行だけでなく他の金融機関にも問合せしてみることが大切です。多くの人が、高価な車を買うためのお金を確保するために、ローンの申込みをして融資をしてもらっています。

 

自動車を購入するためにローンを組むという時には、銀行のローンを利用する人が多いようです。融資額が大きく、低い金利で借りられることが銀行の強みですが、近年では色々な金融会社も融資を行っています。カーローンを扱っている金融会社と、提携関係を結んでいるような自動車販売会社もあります。

 

ローンも、自動車販売にも対応しているというディーラーの場合は、車を買う時に、一緒にローンの申込みができたりもします。販売店でのローンを利用すれば、簡単に手続きができるので、車を購入する際には問い合わせてみると良いでしょう。

 

国内の金利が低くなっている昨今では、信販会社が扱っているカーローンでも、そう高い金利にはなっていません。車を買うためのローンを利用できる金融会社は案外とたくさんありますので、各社を比較して使いやすいところを探しましょう。何社かのローンを比べることで、妥当な金利は何%かや、どんな返済方法があるかもわかります。

 

 

低金利で融資を行っているところを選ぶことがポイントです。より少ない利息で返済ができるようにすることが大事です。車の購入資金を調達するためにローン融資を受けるという場合は、銀行や信販会社の貸付条件を調べて、条件のいいところを探すようにしましょう。

ホーム RSS購読